工場勤務〜無限温泉編〜

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか。

ここ数年、この時期は緊急事態宣言など、何かと自粛を求められてきましたが、今年は旅行や帰省をする人が多いのではないかと思います。
私も実家に帰省していますが、県外ナンバーをちらほら見かけます。
前半は天候が芳しくなく、雪が降った地域もあるとか。
後半は逆に暑くて溶けそうな日が続いています。
思わず体調を崩してしまいそうな天候ですが、何事もなくGWを満喫できると良いですね。
 
さて、当サークルのGWをと言えば、「工場勤務」な訳ですが・・・
今年も例に漏れず勤務しています。
地元の喫茶店に籠ってひたすら収録した音声を切る作業をして5月を迎えました。
 
現在、作業に取り掛かっているのは今年の夏コミに頒布を予定している「蒼き薔薇のテラリウム」です。
今までサークルで作ってきた作品の中で最長となるシナリオ量という事もあり、これまでの音切り作業の中でも特に疲れました。(右手が腱鞘炎になるかと思いました 笑)
まぁこうなる前に日頃からやれって話ではあるんですけど、仕事以外でそれが出来る人間なら私の人生もっとイージーモードなので。
しっかりとツケを払うGWになっています。
 
ツケと言いつつもやはりアメが必要になってくるのが人間というもの。
せっかくなので、一泊二日で温泉へ行ってきました!
岐阜のホテルを何とか予約し、車で移動。
工場勤務〜無限温泉編〜始まります。
まぁあくまでも作業がメインなので。
基本的に温泉に浸かっている時間以外はひたすら作業です。
とは言え、ちょっと普段と違う場所で作業をすると言うのは気分転換になって良いものだなと思いました。
 
温泉も長良川を見渡せ、岐阜城を見上げる事の出来る露天風呂があり、なかなか良かったかなと。
私は3回入りにいきました。
GW明けからは鵜飼の船も出るそうで、また利用してみようかなと思いました。
概ね満足でしたが、強いて言うなら宿を探すのが直前すぎて、食事付きに出来なかった事ですかね。
なかなかお店がなくて、屋台でラーメンを食べました。
屋台ラーメン。
次回からはちゃんと予約を取って岐阜ならではの物を食べようと思います。
 
まぁそんな感じでなんだかんだ作業しつつ、満足度も得られたGWでした。
音切り作業も一先ず終わりましたからね。
 
これからは実際にゲームとして動かして、調整する作業へ入っていきます。
これがまたどこまで拘るかで沼と化す作業なので、先が思いやられますが・・・
実際に合わせてみて背景の追加やBGM等の修正依頼も出てくるかと思うので早く着手していきたいと思います。
 
今回の日記はこんなところで。
次回はゲームの内容も少し公開できると良いなーと思っています

新作「蒼き薔薇のテラリウム」

お久しぶりです。
気がついたらもう4月ですね。
桜も満開を迎え、新しい季節の到来を感じる季節ではありますが、私は花粉症に悩まされる季節でもあります。
コロナが流行りだした頃にマスクが買えなかったこの時期は本当に地獄でしたね。

世間は相変わらず明るい話題の少ない状態ですが、記念すべき第100回目となるコミックマーケットへの応募が完了したので、制作中の新作ノベルゲームの情報を書いていこうと思います。

「蒼き薔薇のテラリウム」

今回の新作、実は去年の段階から動いていまして、既に声の収録まで終わっています。
ここまでだと順調な感じがするのですが、今回の作品はこれまでの1〜2時間で完結する短編ノベルゲームではなく、10時間以上の長編ノベルゲームに挑戦しているのでどうなんでしょう?といった所です。
先日、音声ファイルの容量を見たらあまりの量に目眩がしました(笑)
とはいえ、制作に携わってくれている方々が頼もしい人ばかりなので、しっかりと完成させて100回目のコミケで公開したい所です。

作品について

「蒼き薔薇のテラリウム」はメルドア王国の貴族であるティスティア家を主役に話が展開されていきます。
ティスティア家の新しい当主となったレスリーが兄弟たちと協力して家を盛り上げていこうとする話になっています。
レスリー以外にも様々な登場人物が視点となる形式をとっていて、それぞれの人物にスポットを当てられるような構成となっています。
辺境貴族にしか過ぎなかったティスティア家が物語の最後にはどうなっているのか、その辺りを楽しんで頂けたらと思います。

※画像は開発中のものです。

まだまだお見せしたい物はたくさんあるのですが、今回はこの辺で。
随時更新していきますので、新しい記事があがったら足を運んで頂けると嬉しいです。
それではまた。                                      

新年の挨拶とコミケお疲れ様でしたと言う記事

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
お陰様で2021年は4作品を完成させる事が出来ました。
関係者の方々、頒布会場に足を運んでくださった方々に改めて御礼申し上げます。
本年も変わらず活動を続けて参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

コミックマーケット99

ちょっと今更感もありますが、久しぶりのコミックマーケット99、お疲れ様でした。
CURAREは12月31日の東タ”26-b”にて参加しておりました!
入場制限の関係もあり、どれくらいの人に足を運んで頂けるのか不安でしたが、流石はコミケといった感じでした。
とはいえ、やはり従来通りの通路が埋め尽くされるような事はなく、少し思うところはありました。
ただ、良かった部分もあって、各ブースをしっかり見て回る事が出来たのは良かったな、と。
さて、今回は新作ゲームをダウンロードカードと言う形で頒布しました。
初めてダウンロードカードにしてみたのですが、ディスクの様に嵩張る事もなく、設営の面では非常に良かったと思います。
ただまぁやはりゲームはディスクで欲しいなと思うのは私も歳をとったと言う事なのでしょうか。
どこか少し味気ないなと思ったのは事実です。
それと今回、ブースが島の誕生席的な場所に配置されていまして、それは大変嬉しい事だったんですけども、外に通じる扉のすぐ近くでして、とにかく寒かったです(笑
カイロくらい持ってこれば良かったと後悔しながらペットボトルのお茶をカイロ代わりにしておりました。
そうそう、2つ隣のサークルさんのブースがですね、開場前からなんか人が並んでるなと思って看板を見てみたんです。
そしたらまさかの永遠のアセリアを製作していた所ではありませんか!(ご存知ない方はごめんなさい)
つい懐かしくなって、私も列に並んで新刊を購入してしまいました。

それはそうと、当日足を運んで下さった方々、本当にありがとうございます。
今回は完全にリモートでの製作となっていましたので、不安ではありましたが、逆に都内に足を運べない人と一緒に製作する事が出来てそれは今後に繋がるよい経験だったなと思います。
ぜひ遊んだ感想を頂けると嬉しく思います。

2022年を迎えて

新しい年を迎えまして、何か今年の抱負をとも思ったんですけども・・・
よくよく考えてみたら、昨年から動き出していた長編ゲーム(10時間くらい?)が2本控えているのでとりあえずそれを完成させます!
これまでの作品は長くても2時間以内で遊べるくらいのゲームだったので、いきなりハードルが上がった気がします。
とはいえ、シナリオの量以外の部分でもかなり気合の入った作品に仕上がると思いますので、情報が解禁されるのを楽しみに待って頂けると幸いです。

「ウインディ・ワンダー・ガール」「三つ葉のプリンシパル」配役発表!

皆さん、お久しぶりです。
寒くなってきたなぁと思ったらもう12月。
お久しぶりのコミケ開催までもう1ヶ月を切りました。
サークル参加の方、一般参加予定の方、準備の程は如何でしょうか?

さて、今回は先日募集した新作ゲームの配役に関して告知をさせて頂きます。
今回もTwitterで募集をかけさせて貰いまして、20名以上の方に応募いただきました。まずは応募頂いた方に、この場で御礼申し上げます。
ありがとうございました。

さて、それでは早速キャストの発表をしていきたいと思います。

■「ウインディ・ワンダー・ガール」

・原 知樹:玖珂諒多 様@kgrt_reAlive

・末倉 誓:佐原芽依 様@saharara_m

・原 灯里:紗倉妃芽 様@himenew

・白井 真雪:茜ひより様@hiyo_nai

「三つ葉のプリンシパル

・水無 颯汰:金生健志 様@w63544339

・灰羽 咲:茜ひより 様 @hiyo_nai

・夢乃 未来:東根亜衣 様@MIKAN43928250

・来栖 玲奈:恋摘もなか 様@mona_ka_san

沢山のご応募を頂いた中から担当スタッフで協議した結果、上記の方々に決定しました!

送って頂いた音声を聞きながら非常に頭を悩ませましたが、今回の決定となりました。
来年完成予定の企画も進んでおりますので次回以降の作品もご応募頂ければな、と思います!

そして今回ご縁があった方々、先日は収録お疲れ様でした。
良い作品となるように完成に向けて頑張っていきます。
収録時にお会い出来なかった方もおられますので、ぜひ当日はサークルブース(2日目東タ”26-b”)にお越し頂ければと思います。

それではまた。

コミックマーケット99、参加します!

お久しぶりです。
先日、コミックマーケット99の当落が発表されました。
当サークルは12月31日(2日目)の東地区、”タ”ブロックの26bに配置される事となりました!
今回はコミックマーケット99の注意点などを簡単に纏めて、後半でサークルの新作情報を書いていこうと思います。
ぜひ最後まで読んでいって下さい。

2年ぶりの開催

コミックマーケット97から早いもので、もう丸2年。
当落が発表された日はTwitterのタイムラインも賑わっていました。
まったく更新がなくなってしまい、活動を辞めてしまったのかな?ってサークルも多かっただけに、久々の賑わいは嬉しかったですね。
ただ、2年ぶりの開催とはいっても、完全に復活した訳ではありません。
開催期間が30日〜31日の2日間に短縮され、今後の開催も未定となっています。
また、1日の来場者数も5万5千人と従来のコミケと比べて縮小される見込みとなっています。
こればっかりは残念な気もしますが、開催する為の条件なので仕方ありません。
条件を整えてくれた運営陣に感謝して準備を進めていこうと思います。

当日の注意点

今回のコミケはいくつか注意する事があります。
一つ目は、参会者に新型コロナのワクチン接種証明(コピー可)の確認を行うという事。
詳細は公式サイトにて告知するそうですが、これを忘れると入場が出来ないと思われるので、必ず持参するようにしましょう。
2つ目は、会場が完全に分けられる可能性があるという事。
具体的には東地区と西南地区で分けられる予定となっているようで、9時以降、両区間を結ぶブリッジを閉鎖して、原則通行出来ないようにするそうです。
一旦外に出て入り直すといった事も出来ないようで、参加証によって入場できる地区が異なるようです。
参加者にとっては非常に悩ましい問題で、おそらく同人ブースか企業ブースかを選ばなくてはいけないのかなと思います。
とは言え、まだ予定の話であって、今後や当日の混雑具合によっては通行可能となる場合もあるとの事なので、そちらに期待したいところですかね。
また、一般参加者のチケットは事前申し込み制で、規定の人数を超えた場合は抽選となるそうです。
チケットの当日販売もなく、フリー入場出来る時間も設けないとの事。
一般入場チケットよりも早く入場ができるアーリー入場チケットも販売するそうで、申し込みを考えている方は公式サイトでしっかりチェックをするようにしましょう。
今回のコミケで特に注意する事はざっとこんなものかなと思います。
その他にも、注意点はあるので、しっかりチェックを行い良いコミケになるように努めたいですね。

サークル新作

さて、ここからはサークル新作について書いていきます。
前回の記事で少し紹介しましたが、今回は完全新作のノベルゲームを2作ご用意する予定です。
先日、声優さんのボイス収録も完了して、後は無事に完成させられるように頑張っていきます。

「ウインディ・ワンダー・ガール」

まず1作目は「ウインディ・ワンダー・ガール」
当サークルでシナリオ他、多岐に渡り活躍しているLoZenge氏により企画で、冬にぴったりなクリスマスを題材としています。
序盤に書かれてる会社員の様子は、社会人ならではリアルさが表現されていて、共感出来る人も多いのではないでしょうか。

LoZenge氏の企画に共通する事なんですが、日常的な設定の中に少し非日常な要素が入ります。
今回も過去にトラウマを持つ社会人の主人公がサンタクロースという非日常と出会う事で話が展開されます。
少し後ろ向きで、でも前を向こうとする。
そんな印象を受ける作品です。

三つ葉のプリンシパル

続いて2作目は「三つ葉のプリンシパル」
こちらはセージによるシナリオで、学園ものとなっています。
これまでの一本道なシナリオとは違い、選択肢によって三人のルートを用意しています。
こちらは所々、現実にある作品からネタをとっており、いくつ見つけられるか探してみるのも一興かと思います。

前述にもあるようにこの作品にはいくつか選択肢が登場します。
一本道だった今までのサークルの作風とはまた違った路線で楽しんで貰えればと思います。
今回、一応テーマを設定して書いて見たのですが、これがなかなかムズカシイ。
もっとこうしたかったとかこうすればどうだろう?みたいな事はこうしてシナリオが完成してみると思うところはあります。
でも、まずは黒歴史だろうとシナリオを完成させた事は、今の自分の力を知る為にも良かったと思います。
同じテーマで次はもっと面白く。
これからが大変な時期になりますが、ゲームとしての完成が楽しみです。

あとがき

さて、今回の記事は少し長めとなりましたが、これで終わろうと思います。
久々のコミケに新作が2つと、かなり気合を入れていますので、ぜひブースに来てくれると嬉しいです。
今後は宣伝等で進捗をお知らせしていきますので、そちらもお楽しみに。

P.S.そう言えば、コミックマーケット98って中止になったのにナンバリングはされるんですね。

「ウインディー・ワンダー・ガール」「三つ葉のプリンシパル」新作情報

最近、朝晩は少し寒いくらいになってきましたね。
そろそろ秋の訪れを感じる季節になりました。
先日、関東で地震が発生しました。サークルメンバーのほとんどが東京にいるので、少し心配でしたが、多少揺れたなぁくらいで済んだようです。
緊急事態宣言が解除されたと思ったら矢先にこれですからね。
まだ大人しくしておけというメッセージなんでしょうかね?

まぁそんな時事的な内容はこのくらいにして、今回はコミックマーケットに新作として頒布予定のノベルゲームについて触れていこうかなと思います。
間が空いていた事もあり完全新作を2つ予定しています。
完成を楽しみにして頂けたらと思います。

「三つ葉のプリンシパル」

まずは新作の1つ目「三つ葉のプリンシパル」
こちらはサークルでは初めての選択肢有りのノベルゲームになる予定です。
共通ルートで選択する内容に応じて3人のヒロインとの個別ルートへ話が展開されます。全ルート合わせて2時間くらいで、このサークルでは珍しい青春学園物になるのかなと思います。

今回、シナリオに私、セージが挑戦しています。
こんな感じでサークルの記事を書いていたり、デバッグしたり、当日サークルブースにいたりと裏方にいる事が多かったんですが、書きたい事もあったのでやってみました。
実際に書いてみて思ったのは、やっぱり表現するって難しいなと思いました。
ノベルゲームにはたくさん触れてきたので舌は肥えているつもりなんですけどね。
やっぱり食べるのと料理するのは違うなって改めて理解しました。
この作品のポイントとして3人のヒロインにそれぞれ異なる主義(考え方)を持たせたかったのですが、それを上手くキャラに乗せながら話を展開させるのがなかなか・・・。
とはいえ、それなりにキャラも纏まったかなと思うので完成するのを楽しみにして貰えたらなと思います。
後からこうした方が良かったかなと思う事もあったりしたので、暇な時を見つけては同じ題材で話を書いてみようかなとは思っています。

「ウィンディー・ワンダー・ガール(WWG)」

続いては、「ウィンディー・ワンダー・ガール」(以下WWG)。

サークルでは「リロケーション・リスタート」「マジックアワーの願いごと」をメインで担当したLoZenge氏が久々に新作を作ります。
こちらは冬のコミケにふさわしくサンタクロースが登場します。
過去にクリスマスに関するトラウマを持つ青年とその妹、そしてサンタクロースのヒロインを中心に話が展開されていきます。
こちらも選択肢があります。
話の中にオンライン飲みがあったりと今だから書ける描写なんかもあったりして面白い仕上がりになるんじゃないかなと期待しています。
社会人によくありそうな日常の中で少し不思議な出会いが起きる。
内向的な主人公に感情移入できる人は結構いるんじゃないかなと思います。
こちらも完成を楽しみにして頂けると嬉しいです。

さて、今回は新作ノベルゲーム2つの紹介を簡単にさせて貰いました。
これから進捗具合に合わせて紹介できる内容が増えてくるのでその時はまた記事を書きたいと思います。
最後になりましたが、各作品に声を当てて頂ける声優さんを募集しています。
興味のある方は下記の画像からそれぞれの募集ページにアクセスしてみてください。

それではまた。

【新作】声優さんの募集開始します【コミックマーケット99】

お久しぶりです。
オリンピックも無事終わり、爆発的に増えていたコロナの感染者数も落ち着いてきましたね。
オリンピックのとある競技の観戦チケットが当たっていたので、観に行くつもりだったのですが、無観客と言う事で残念でした。
死ぬまでに1回くらいは観戦出来るといいなぁと思います。

さて、今回は当サークルで作成しております新作ノベルゲーム
「三つ葉のプリンシパル」、「ウィンディ―・ワンダー・ガール」の声優を募集いたします。

どちらも1時間程度のノベルゲームでコミックマーケット99(2021年12月)での販売を目指し開発を進めています。

詳細は専用ページを作成しておりますので、興味のある方は、下の画像をクリックして確認してみてください!!

三つ葉のプリンシパル

ウィンディ―・ワンダー・ガール

久しぶりのコミケという事で、かなり楽しみにしています。
手にとって貰える機会なのは勿論そうなのですが、やはり同じような趣味の仲間があれだけ集まるイベントはそれだけでテンションが上がりますね。
ネットにはない何かがあの会場にはあると思います。
そんな訳で久々のコミケには気合を入れて新作を2本出す予定です。
たくさんの方に応募して頂けると嬉しく思います。

また、その他にもまだまだたくさんの企画が動いています。
脱出ゲーム、実写ノベルゲーム、サークル初となる長編作品企画などなど!

近日中に、近況報告もかねて、それらの進捗も記事にまとめようと思います。

収録お疲れ様でした!

お久しぶりです。
最近、本当に暑いですね。
梅雨が明けたとたんにこの天気ですよ。
日本の夏らしさが出てきましたね。
仕事柄外に出る事が多いのですが、マスクを付けている事も相まって、もう汗だくです。
くれぐれも熱中症にならないように水分補給とか小まめにしていきましょう。

そうそう、オリンピック始まりましたね。
コロナ渦で開催に踏み切ったことに色々と声は上がっていますが、それはそれとして参加する選手にとっては晴れ舞台なのでメダルを目指して頑張ってもらいたいですね。

前置きはこのくらいにして、今回は収録の話です。
「CHIN☆POCO〜妖精さんのお茶会〜」(以下チンポコ)の収録に参加された方、お疲れ様でした。

作品のタイトルって大切だよねって話

ノベルゲームのタイトルってどのタイミングで決まりますか?
サークルによって色々あると思いますが、大体等サークルはシナリオがおおよそ完成したくらいで決める場合が多い気がします。
ディレクターとシナリオライターで話し合って決める事が多いのですが、これがまた面白い。

チンポコに関しては、内容も相まってかなり盛り上がったのを覚えています。
最後の方なんかはアダルトグッズの商品名を決めているのかってくらい酷かった気がします。
深夜テンションって怖いですね。
「タイトルがあれなんで宣伝のリツイートを躊躇いました。」
なんて声も頂いてしまい、一同反省しております。

とはいえ、中身の方は笑い有り、感動有り(?)の素敵な内容に仕上がっています。
特に仕事で疲れているそこのあなた。
スト◯ングゼロのお供にこのゲーム、オススメですよ。

話がかなり逸れましたが、収録現場の一部。
今回も板橋区にあるペンギンレコードさんで収録させて頂きました。

こちらのスタジオはもうかなりお世話になっていて、一番最初のサークル作品以外の収録はほぼほぼこのスタジオさんを使わせて貰っている気がします。(ここ以外で収録した事あったっけ?)
来るたびにスタジオが様変わりしていてびっくりさせられますね。
本当は収録を待っている間は皆んなで机を囲って団欒したりするのですが、流石にいまは自粛しています。
本当はやりたいけどね。

そんな素敵なスタジオで先週、先々週と2日に渡り収録を行いました。
プレイ時間にして1時間程のゲームなのですが、それでもこれだけ時間がかかるんだなぁと改めて。
これでも多分最初の頃よりはスムーズにやれていると思います。

あとは音声を切り分けて、音を調整して当てはめていく作業を残すのみですかね。(白目)
フルボイス版が公開されたら是非プレイして下さい。

2021年のティラノフェスに向けた作品も進行中なので、そちらも楽しみにして頂ければなぁと思います。
今作はギャグ路線じゃない作品の予定です。

そんなところで、今回の記事は終わろうかと思います。
皆んな本当に暑いから倒れないように気をつけて。
ではまた。

ダウンロード販売、始めました

お久しぶりです。
梅雨なのにあんまり雨が降らなくて、もう夏が来たような気分です。
残念ながら在宅ワークではないので、すっかり日焼けしてしまいました。

さて、今回はタイトルにもある通り、サークル作品のダウンロード販売を開始しましたので、その告知をしようと思います。

第一弾は「スノードロップの贈り方」

記念すべき第一弾は、先日開催されたコミティアで頒布した「スノードロップの贈り方」です。
オムニバス形式のノベルゲームとなっており、全3部からなる作品に仕上がっています。
各部で主人公が異なっており、それぞれの主人公が小夜という少女を介して物語を展開していきます。
「希望」「慰め」「死」というテーマによって描かれる彼らの心中は結構共感する部分があったりするんじゃないかなぁと思います。
価格は500円、BOOTHにて販売しておりますので、興味のある方はダウンロードして頂けると嬉しいです。
こちらのURLからサイトに飛べます。
https://booth.pm/ja/items/3075343

MAC版もご用意していますので、Windows版とお選び頂けます。

作品ページも良い感じに仕上がっているので、そちらも是非見てください。
アプリ版も完成していて、Android版は無事、リリースされました。
よければそちらもよろしくお願いします。
作品ページのdownloadからインストール出来ます。
iOS版も審査が通り次第、リリースされる予定です。
Appleさん・・・
審査が厳しくて、厳しくて。
皆さんどうやって通しているんですかね?
有料アプリのリリース経験ある方いたら情報下さると助かります。

作品ページはこちらから⬇︎

声優さん募集しています

お久しぶりです。

というほど今回は空いてないですね。
更新少ないと、とりあえずお久しぶりです。で始めれば良いかなーってなるのでいかんですね。
ここ数日は梅雨を通り越して夏が来たかのような日が続いていますね。
水分補給をこまめにして体調を崩さないようにしてください。

さて、この間開催されたコミティア136からまだそんなに間は経っていませんが、企画がいくつかスタートしています。
先日Twitterに告知させて貰った「CHIN☆POCO〜妖精さんのお茶会〜」に登場するキャラに声を当てて頂ける声優さんを募集している件もその一つです。
この作品は、昨年のコロナ真っ只中に完成を迎えた作品で、残念ながら声の収録が行えませんでした。
しかし、コミカルな内容という事もあって、やっぱりフルボイスになったこの作品が見たいなぁという製作陣の希望もあって、今回の募集と相成りました。

「CHIN☆POCO〜妖精さんのお茶会〜」の魅力

この作品の魅力はなんといってもへんた(ry
紳士な男達が引き起こす事件にヒロイン(?)である京子ちゃんが巻き込まれていく様が最高に面白いです。
全3話構成なのですが、回を追うごとに逞しく成長する京子ちゃんから目が離せません。
いや本当に。
無料で公開しているので、一度騙されたと思って遊んでみてください。
画像をクリックすればサイトに飛べるようになっています。
あなたもきっと京子ちゃんのファンになるはず。

もちろん、京子ちゃん以外も濃いキャラが登場します。
きっと収録現場は楽しいだろうなぁと今からワクワクが止まりません。
興味を持った方はぜひ応募して下さい。
よろしくお願いします。

応募ページはこちら↓
https://t.co/7qEUodUUY7

その他にもまだまだたくさんの企画が動いています。
ティラノフェス2021に向けた作品や、実写ノベルゲーム、サークル初となる長編作品企画などなど!

今後も勢力的に活動していきますので、皆さまよろしくお願いします。